マンションにフロントオープン食洗機の取り付けが出来ない場合

マンションにフロントオープン式ビルトイン食洗機が設置できない事例とその理由について

最近、マンションにフロントオープンの食洗機、 リンナイのRSW-F402シリーズ、国外製品だとMiele 等の取り付けのご依頼を頂くケースが増えてきているのですが、残念な事にマンションではフロントオープンの取り付けが出来ない場合が結構ありますので、その理由と事前に確認する方法について書いておきますね。

キッチン内部を横断しているマンションの排水経路

マンションの場合排水を真下に流す事が出来ないため、パイプシャフトと呼ばれる共用の配管まで横に移動してから下に流します。この過程で排水管がキッチンの内部を横断します。

食洗機設置場所の後ろに排水管が通っていると食洗機がキッチンの前面から手前に飛び出してしまうため設置が難しいのです。

一戸建てだったらOK?

キッチン内部に配管が少ない一戸建ての排水経路 ほとんどの場合はフロントオープン取り付けOK!

まず、マンションと一戸建ての排水経路の違いからご説明します。

一戸建てのキッチンの排水は以下のようになっています。
まっすぐ下に落ちているので食洗機を取り付ける場所には直接干渉する事は少ないです。

ただ、2階のキッチン等では排水管がキッチンの奥で横移動している事がありますので、この場合はマンションと同じく設置が難しくなる場合があります。

パナソニックは取付出来るって聞いたのにフロントオープンだとなんで設置出来ないの?

足部分の調整があまり出来ないフロントオープン食洗機

下記はミーレの食洗機を抜き出した状態なのですが、フロントオープンの食洗機は足部分に余裕が一切ありません。これは他の海外メーカーやリンナイの場合も同じです。一番下まで無駄なくスペースを使用している為、内部の容量は大きくとれるのですが、その分設置の制限が増えるのです。

足の調整代が大きくとれるパナソニックのディープタイプ食洗機

一方で下記はパナソニックディープタイプの足部分なのですが、ほとんど空洞なのが分かると思います。容量は犠牲にしていますが、マンションの配管も楽にクリア出来る設計になっているのが分かります。オプション販売会でメインの機種になっている理由の一つです。

排水の方向を自分で確認する方法は?

設置予定場所の後側の排水管の有無を確認します。

排水管は点検口を開けると見えます!

現在のマンションのキッチンでしたら下記赤枠部分がワンタッチ(又はドライバー)で外れるようになっていますので内部を確認する事が出来ます。

食洗機設置場所の方へ排水が向かってなければマンションでもフロントオープンタイプのビルトイン食洗機の取り付けが可能です。

不明な点があればLINEで画像をお送り頂ければご案内します。

LINEお問い合わせはコチラから