当店がBOSCHの食洗機をMiele・AEG・ASKOよりもおすすめする理由

BOSCHは乾燥機能がすごい

ビルトイン食洗機は乾くのが当たり前?

日本製ビルトイン食器洗浄機ではヒーターによる乾燥機能がついていて当たり前です。洗浄と同時に乾燥を行い、清潔な仕上がりとなるのはもちろんの事、中には庫内の乾燥状態をキープするために運転終了後も定期的にファンを動かし庫内の臭いのこもりを緩和する機能がついた商品まで販売されています。その為、食洗機=洗浄+乾燥という認識を持たれている方がほとんどかと思います。

海外製食洗機の乾燥性能が悪い理由とは?


ところが、海外の食洗機はそうでもありません。環境意識の高い海外では電力使用量の多くなるヒーターによる乾燥は嫌煙されがちなのです。食器が良く乾く食洗機より、電気を食わない食洗機が売れるのです。

そのため、ほとんどの海外製食洗機は、

余熱乾燥=洗浄後の余熱でなんとなく乾燥する・・・
乾燥機能=洗浄後に自動で扉を半開きして蒸気を少しでも出す・・・

という方式を取っているためヒーターで加熱する日本製食洗機に比べると

『乾きが甘い』

と感じてしまうのです。
下記の方も仰っていますが、BOSCH以外の海外製食洗機は、空気の乾燥している地域では良いかもしれませんが、日本の様な湿気の多い地域には向かないのかもしれません。

BOSCHの食洗機ははこの乾燥性能が国外製品で唯一優れている商品と言えるのです。

メーカー名乾燥機能名乾燥機能の詳細
BOSCHゼオライトドライ庫内の湿気はゼオライト室に送られ吸着。水分を含むと発熱するゼオライトの性質を利用し、乾燥した高温の空気を庫内に戻し再度乾燥させる。
Mieleターボサーミック+センサードライ余熱乾燥 乾燥工程で扉が開く
AEGエアドライ余熱乾燥 乾燥工程で扉が開く
ASKOターボファン&排湿ダクト余熱乾燥 ファンで外気を送る

BOSCHとGAGGENAUの違い

GAGGENAUはBOSCHの高級ブランドとなります。食洗機に関しては基本的にBOSCHと同一の商品となります。GAGGENAUはカゴの引手部分等、一部仕上げを変えて高級感を持たせていますが、機能は同一の商品となります。
お値引きを含めた金額ではBOSCHの方がコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

BOSCH SPI46MS006

GAGGENAU DI 250 441

他と違うBOSCHの乾燥方式とは?

BOSCHの食洗機はゼオライトを使用する事で乾燥性能と節電を両立させています。

ゼオライトとは何か?

ゼオライトは鉱物の一種で乾燥剤のシリ カゲルと同様に水を蓄えることが出来る物質です。このゼオライトは水分子を吸着する際に発熱し、加熱することで水分子を分離するという性質を持っています。

乾燥したゼオライトに水を入れてみました。たちまち温度が上昇して70度以上になりました。

BOSCHの食洗機はこのゼオライトが詰まったゼオライトコンテナに湿った蒸気を通過させる事で乾いた熱風を送り乾燥させています。この仕組みを利用する事により、ヒーターを使用した様な乾燥した仕上がりと節電を両立させています。
また、湿ったゼオライトは熱を加ええると半永久的に再利用出来ますが、この工程は食洗機内のお湯を温める時に使用するヒーターの熱で行っています。

本体内に設置されているゼオライトコンテナ

日本のキッチンに納まるBOSCH

当たり前ですが、ビルトイン食器洗浄機はキッチンにピッタリ納まらないと意味がありません。その為、海外製の機器も日本製キッチンのサイズに合う必要があります。

ほとんどの日本製キッチンに取り付け出来ないAEGとASKO

海外のキッチンは天板高さ90cmが標準ですが、ほとんどの日本製のキッチンの天板高さは85㎝を基準として作られております。下記の様に90㎝のキッチンを想定して作られているASKO、AEGは、高さ寸法が大きすぎる為、後付けの場合ほとんどの日本製キッチンで取り付ける事が出来ません。
機能やデザインを検討する前に、まず取り付けられないと話が始まらないのです。。
天板高さ85cmに取付け出来る海外製食洗機はBOSCHとMieleのみとなりますので検討する場合はこの2社が安心ですね。

上部2段のトレイを外して大物が洗える!

付属品が豊富なBOSCHの食洗機で特筆すべきなのがベイキングトレイスプレーヘッドです。大きな調理器具を洗浄する際に、上部バスケットを外し、このアタッチメントを取付て使用します。大き目のフライパンやバーベキューで使った鉄板、魚焼きグリルやレンジフードのフィルターまでそのまま入れられてしまいます。

BOSCHってどこのメーカー?

ボッシュは、ヨーロッパ家電売上No.1メーカー

ボッシュ・グループの始まりは、今から約130年前までさかのぼります。以来、時代の流れとともに、世界のトップクラスの自動車機器サプライヤーとして、世界屈指の電動工具メーカーとして、ボッシュは大きく成長を続けてきました。1933年には家電市場に進出。冷蔵庫、洗濯機、掃除機、オーブンからフードプロセッサーまで、培ってきた技術力を投入し、次々に製品を開発。今では、ユーロモニター調査 2019年販売実績ヨーロッパ家電売上No.1。世界47カ国で愛される家電メーカーの地位を築いています。

ボッシュは食器洗い機の世界No.1ブランド

ボッシュが生活家電分野に進出したのは1933年。ドイツ・ライプチヒの見本市において電気冷蔵庫を発表し、そのユニークなデザインと実用性で産業界や消費者を驚かせました。それから80年以上、洗濯機やアイロン、オーブン、コーヒーメーカー、フードプロセッサーに至るまで、時代のニーズに応えながら次々と新たな製品を開発し、現在では欧米を中心に47カ国で愛される世界最大規模の家電メーカーへと成長しています。食器洗い機は1964年に発売を開始した老舗で、ユーロモニター調査 2019年販売実績世界No.1ブランドです。

タイトルとURLをコピーしました