ビルトイン食洗機が設置出来ないキッチンを改造する『キャビネット分割工事』とは? | テコスNAVI(テコスナビ)

ビルトイン食洗機が設置出来ないキッチンを改造する『キャビネット分割工事』とは?

ビルトイン食洗機が取り付けるためにはキャビネットを外す必要があります。

下記の様なキッチンにビルトイン食洗機を設置する場合、引き出しだけでなく、キャビネット( 白い部分)を全て取り外す必要があります。

この部分にビルトイン食洗機を取り付けようとした場合・・・
白い引き出しの受けが付いている箱全体を取り外す必要があります。

ところが・・部分的には取り外す事が出来ないキャビネットがあります。

【部分取り外し可】➡それぞれのキャビネットに分かれている場合は設置予定部分のみ抜き出す事が出来ます。余分な費用は掛かりません。
【部分取り外し不可】➡両方のキャビネットが一体で製作されています。
ガスコンロと引き出しは一見別のキャビネットに見えますが、部分的に取り外す事が出来ません。この様な一体型キッチンは主に新築建売一戸建てに設置される、ファーストプラス・LIXIL(AS、シエラ)・ハウステックのキッチンに多く採用されており、新築マンションには設置されておりません。リフォーム済みの中古マンションの場合は設置されている可能性がありますので確認が必要です。

【部分取り外し可】

隣接のキャビネットと分かれている場合は食洗機取り付け部分のキャビネットを外せばよいのですが・・・

【部分取り外し不可】

一体型キャビネットの場合、引き出しの部分だけ取り外せそうですが、隣のキャビネットも一緒に取れてしまいます。最下部にキャビネットの切れ目がないのが特徴です。

一体型キャビネットにビルトイン食洗機を設置する方法

方法1:キャビネットを入れ替える

工務店等一般的な施工店では『一体型キャビネット』への食洗機設置工事ではキッチン天板を一度外してキャビネットを入れ替えるのが一般的です。給排水・ガスコンロを一度撤去してキャビネットを交換する為、高額となったり場合によっては工事を断られる事が多いようです。

方法2:キャビネットを加工する

当店で行っているキャビネット分割工事は、既存キッチンを解体する事なく、現状のキャビネットを加工して切り詰める施工となります。キッチンを取り外す事なく施工しますので大幅なコストダウンが可能です。

キャビネット切り詰め工事の状況
ガスコンロ側と一体のキャビネットですので一旦ガスコンロとの継ぎ目で切り離します。
75cmのスペースを確保した後に新規30cmの3段引き出しとビルトイン食洗機の取り付けを行います。

上記キャビネットを現場で分割加工を行い、75㎝キャビネット取り外しました。その上で30㎝引出しと45㎝の食洗機を取り付けています。

キャビネット入れ替えとキャビネット分割工事のコストの比較

一般的なキャビネットの入れ替えで食洗機を設置する場合の費用
家電量販店  約40万円 若しくは工事不可
ビルダー   約30~40万円
当店キャビネット加工で食洗機を設置する場合の費用

上記一般的な入れ替えに比べ大幅にコストダウンが可能です。

約 20~25万円

※お選び頂く食洗機やキッチンのグレードによって価格変動がありますので詳しくは下記よりお問い合わせください。

当店キャビネット分割工事施工事例

タイトルとURLをコピーしました