キッチンの端部に設置されているミドルタイプの食洗機をディープタイプに交換する

ミドルタイプはキャビネット内に設置されています

現在使用しているミドルタイプ食洗機は足がついていないため箱の中に設置されています。ところが、ディープタイプは自立する為、キャビネット内には設置出来ません。そのため設置するにあたりミドルタイプが収まっているキャビネットを取り外す必要があります。

天板補強ってなに?

端部のミドルタイプをディープタイプに変更する場合キャビネットごと取り外して天板を補強する必要があります。

ミドルタイプのキャビネットは天板を支えています。これを外してしまうと天板を支えるものが無くなり天板が傾いてしまいます。そのため壁やエンドパネルから支えるように加工を行います。(ディープタイプ食洗機そのものは天板を支える仕組みにはなっていません)

1.ミドルタイプ食洗機はキャビネットの中に設置されています。表からはよく見えませんが、このキャビネットの側板がキッチン天板の重量を支えています。

2.ミドルタイプ食洗機本体と引き出しを抜くとキャビネットはこの様な形状をしています。ディープタイプ食洗機を入れる場合はこのキャビネットを全て撤去する必要があります。

3.ミドルタイプ食洗機が入っていたキャビネットを撤去してしまうとキッチンの天板を支える物がなくなってしまいますので赤部分に補強を入れます。

4.大容量のディープタイプ食洗機を入れて完成です。この様なレイアウトでは扉の可動範囲内に建物の木枠などが干渉して扉が当たる場合がありますので予め確認が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました